ミモザのワークショップ
ミモザのワークショップレポート2

 

こんにちは、FLOWER*FORTUNE (@flowerfortune) です。

遅くなりましたが、2月24日(火)に開催したワークショップのお写真をご紹介したいと思います。

この後、制作モードにどっぷり浸かってしまい、すっかり遅くなってしまいました。

 

リースの芯は赤つるで作りました。

乾燥している蔓は折れやすいのですが、生きている物は撓るので

優しく扱えば丸くまとめることができます。

水を吸っている蔓はやわらかく、思う様に曲がりやすいという意味です。

なんか教訓の様ですね(笑) とかく柔軟でありたいものです。。。

 

本題に戻ります!

蔓のくせを見定めてどの動きを活かすのか、まとめ方でも個性が出ます。

ここから皆さん大変そうなお顔をされていましたが…

出来上がりはこんな素敵に仕上がりました〜♪

 

ミモザのリースワークショップ
ミモザのリースワークショップ

 

ミモザのリースワークショップ
ミモザのリースワークショップ

 

ミモザのリースワークショップ
ミモザのリースワークショップ

 

ミモザのリースワークショップ
ミモザのリースワークショップ

 

今回のリースは、芯から作る事が一番のポイントだった様に思います。

デザインの自由度が出て、創作の幅がぐっと広がります。

 

リースワイヤーでユーカリをつけて、ミモザをつけて…

最初にきっちり綺麗に完璧を目指してスペースを埋めようと思うと、とても長い緊張感が続きます。

ラフに少しずつまとめて、手を止めずに、少しずつを慎重にまとめていくとなんとなく形になっていきます。

最初から最後まで?マークを抱えたままでいると、緊張感が続いて楽しめませんし、

結構へとへとになってしまいます。

お花のアレンジを作る時に、土台のグリーンを先に埋めると仕上がりのイメージを作りやすいのと同じです。

 

リース作りは輪に仕上げる一連の流れがあります。

緊張と弛緩のバランス大事ですよね〜。

皆様も昨今のニュースで、ヘトヘトになりません様に。

 

コロナのニュースもありながら、マスク持参での開催でしたが、より深刻な状態になる直前で、

開催できて良かったと思っています。

 

皆さんとってもいい笑顔で帰られました。

満足していただけたのが伝わってきて、私も良い仕事になった様に感じています。

また一緒に作りましょうね!

次回まで、皆さんの喜んでいただけるメニューを考えてお待ちしておりますね。