TAG: 仏花

彼岸花 春と秋のお彼岸には、お墓参りに行く習慣がありますが、その由来や意味をご存知でしょうか? かく言う私も、お彼岸と聞くと瞬時に「おはぎ」や「ぼたもち」が脳裏に浮かぶ以外、きちんと知らないことばかりだったので、この機会に調べてみました。 お彼岸はインド・中国にはない、日本固有の仏教行事です。 平凡社の『改訂新版・世界大百科事典』によると、春分・秋分を中日として、その前後3日ずつに仏事を行う習慣は、すでに平安初期には恒例とな ...
今日は7月13日。 地域によって異なりますが、東京や横浜、北海道など7月にお盆を行う地域では、ご先祖様の霊を迎える「迎え火」をする、お盆の初日にあたります。 その他の地域では、一か月後の8月がお盆というところが多いようです。 旧暦7月1日に「あの世」の蓋が開き、ご先祖様の霊が子孫の家にやってくるまでに2週間ちかくかかるので、この日に迎え火をするのだとか。 いまどきのご先祖様の中には、新幹線やタクシーに乗って早めに到着しか ...
現在開催中の NO FLOWER NO LIFE  展の作品紹介です。   まずは新作を 白とグリーンの爽やかな色合いのドームフラワーです。 ワイヤープランツを入れて生き生きとさせつつ、少し妖しげな印象に仕上げました。 この白い菊はアナスタシア。花言葉は高貴、高潔だそうです。 繊細な花びらに気品を感じます。 和洋折衷なインテリアのアクセントとして如何でしょうか? ハイセンスな方向けの仏花としてもいい様に ...
お悔やみのお花としてフレームアレンジをお作り致しました。写真は先方さまで入れ替えてもらうとして、こちらではりんごのお花のポストカードを入れさせていただきました。悲しみに寄り添うお花は 難しいですね。少しでもお心癒えます様に。。。ものづくりは祈りに似ているってそんな気がします。
お悔やみのお花のご注文で、お客様にお見せしようと過去に作ったものの写真を掘り起こしていたら、半日もかかってしまいました(汗) 考えてみると、プリザーブでこの様なアレンジはなかなかお店では出会えません。 茎がない分自由度は決して高くないけれど、生花の様に活けてみる。。。 最初の頃はそういう事を普通にチャレンジしてた気がします。 10年前ですこれ。
お盆が近くなって参りました。 プリザーブドフラワーの業界では仏花が大流行の様です。 生花をきらさずに飾るのは大変ですし、贈り物としても喜ばれるかも・・・ と営業トーク。。。 ジェイコム教室ではこちらを作ります。HPも近日アップしますね。