A study in colors
 
グリーン






木々が葉を落とし、夜がいよいよ長くなる頃、失われた色彩とぬくもりを取り戻そうとするかのように、街や家々にはクリスマスカラーが踊りだします。 赤、白、金、銀、さまざまな色彩の中、やはり欠かせないのは何といっても緑。クリスマスツリーはもちろんのこと、リースやヒイラギなどの緑は暗い冬に生命感を与えてくれるうえ、他のどんな色もいっそう引き立ててくれる名脇役でもあります。
クリスマスツリー
クリスマスにグリーンを飾る習慣は、実はキリスト誕生よりも前からヨーロッパ各地にあったそうです。古代ローマでは冬至の時期に農耕の神サートゥルヌスを祭るサートゥルナーリア祭が盛大に行われ、月桂樹の枝などがキャンドルやランプとともに飾られました。これらの緑は永遠の命の象徴であり、灯りには暗闇を払いのける意味がありました。 このサートゥルナーリア祭ではプレゼント交換も行われていたそうで、現代のクリスマスの原型がキリスト教の普及以前から既にあったことは興味深いですね。 ローマだけでなく、ヨーロッパ北部のケルトやゲルマン民族も冬至に祭りを行い、そこでも常緑の緑が儀式や装飾に用いられてきました。
日本で正月に飾られる門松やセンリョウなども、緑に生命や繁栄への願いがこめられています。

このように歴史をひもとくと、一年で最も寒く日の短い時期、緑の植物に願いを託すことは、時代も地理も宗教も越えた普遍的な行いであることが分かります。季節はリースの輪のように毎年着実に巡っていきますが、時の流れとは、このようなリースが少しずつ変化しながら、次の年へとスパイラルに受け継がれていくものなのかもしれません。 さて、今年の冬はどのような想いをのせてグリーンを飾りましょうか。


 
Top